まだ生きているようです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

TechEd 2010 OData Service

WCF Data Service Team Blogより
TechEd 2010 OData Service

[超意訳]
今年の初旬にMIX10で行ったものと同様に、今年のTechEdサイトに「OData」のサービスを加えたので使ってみてね。(ここです。)
ちなみに、ODataのアプリケーションとライブラリの詳細はこちら

それと、サービスのデモとして、OData Explorerを紹介しておくね。
(Silverlightのブラウザ外実行の必要あります。)
これでTechEdのセッション情報が見れるよ。
================

と言うことでOData Explorerを使ってみました。

ODataExplorer

と言っても、別に大したことではなくて、サービスの名前として適当にTechEdとかを入力して、アドレスに以下を入力するだけです。http://odata.msteched.com/sessions.svc

それだけで、ODataのクエリーが楽しめますよ。
ふーん、今年のTechEd(US)ってこんな感じなんですね。日本のセッションもこれに準じた形になるのでしょう。
MS奥主さんが「今年は期待して下さい」と書いていますので、ちょっと楽しみです。
Twitterの発言をみると原点回帰とありましたので、多少歯ごたえのある内容になるのかもしれませんね。

ODataに関しては、MSの井上大輔さんのBlogもチェックしてみてくださいね。(OData Roadshow行きたかった・・・)
そもそも、ODataってなに?と言う場合は、こちらも確認してみれ下さい。

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

tag : DataServices プログラミング Silverlight

2010-06-07 : Data Services : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

CodeZine 連載 第4回 Silverlightが持つ強力なデータバインド機能

CodeZine連載4回目が公開されました。

http://codezine.jp/article/detail/5144
http://codezine.jp/article/detail/5144

ようやくおいしいところに突入ですね。

ADO.NET Data Servicesでのデータ取得は理解できました。
処理が非同期になる点もわかりました。
バインドの考え方もまぁわかります。

実はこれが以前の自分でしたが、こうした状況の人には、一つの回答になるかもしれません。
つまり、じゃあ全部組み合わせたら、(DataServicesで非同期処理をしながらデータバインドをかける)どうやるのが典型例なのだろうか?
と言う話です。

ちょっとコードが長くなってしまったのが反省点。

=====

連載は次が最終回です。
これで、MSの冠が付いたタスクはすべて終了と言う事になります。
少々さみしい気持ちですが、それも自分の選択です。

もっと技術記事を増やしたいと思っている(今回も全然書けてません・・・)のですが、転職先で肉体的にも精神的にもきつい状況です。
まぁ、そうでなくては転職した意味がないと思いますので、(余裕で仕事をこなせるならば、ステップアップにならないと思うんです)当たり前と言えばそうなんですけどね。

とにかく頑張ります。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

tag : お知らせ プログラミング Silverlight DataServices

2010-05-14 : お知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

CodeZine 連載 第3回 Silverlightで実装するデータの取得、表示の処理

CodeZine連載3回目が公開されました。

http://codezine.jp/article/detail/5060

今回は、とにかくADO.NET Data Services(WCF Data Services)からデータを取得して、なんでもよいので表示することを目的にしています。

ポイントは非同期処理を行う部分なのですが、まだデータバインドのところはあいまいにしていますので、とりあえずListBoxに突っ込んでしまえーと言った感じになっています。

さらに、データバインドはまだだというのに、先にデータフォーマットを紹介しています。
これ、ちょっと迷ったのですが、バインドとか、非同期とかXAMLやSilverlightの都合であって、やりたいことが実現できれば、こだわる必要はないかなと思ったのですね。
データの表示ができれば、次に思うのはフォーマットの部分かなと考えて先に書いてしまいました。(決してネタギレではないです・・・笑)

記事の題材に使用している、サンプルアプリケーションも合わせてみてくださいね。

* Code Recipe -.NET 開発サンプル コード集


プロフィールがMSのままになっているのですが、いいのかな?
まぁ怒られたら修正依頼を出すことにします・・・

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

tag : お知らせ プログラミング Silverlight DataServices

2010-05-07 : お知らせ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ

openclose

タグクラウドとサーチ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

こだかたろう

元MSの小高と申します。
(↓こんな人です。)
こんな見た目です

ずっとエバンジェリストをしていましたが、この度転身いたしました。
よろしくどうぞ。

Select Template

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。