まだ生きているようです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

AccessをWebアプリに!(Access Services)

前回は、テンプレートを直接Accessで開いて妄想を全開にするだけでしたが、今回は、これをWebアプリケーション化してみたいと思いまする。

 

SharePoint Server 2010の新機能の一つ、Access Servicesを使います。

これを用いると、前述の目的が簡単に達成でき(るかもしれません)ます。

 

ちなみにAccess ServicesはSharePoint Server 2010 EnterPrise版の機能になるようです。
(クリエさんBlogに書いてありました。(SharePoint 2010 エディションによる機能差))

 

専門的な話は、クリエさんや小山さんなど、詳しい方にお任せするとして・・・

素人の自分は、単純に使ってみるだけにしておきますね。

 

まず、このテンプレートをから作成されたデータベースファイルをAccess2010で開いて、ファイルメニューを確認してみます。
Access Servicesに発行ボタンがありました!当然押します。

20100626_AccessServices1

 

次の画面には互換性のチェックボタンがあるので、これを押して問題なければ発行可能です。

この辺の情報はまとまってますね。)

 

SharePointサイトのアドレスを入力して、

その下のAccess Servicesに発行ボタンを押します。

20100622_Access1_1

 

しばらくすると、こんな画面が表示されます。

20100626_AccessServices3

 

あとは、上記のアドレスに行くだけです。

おぉー、前回見たAccessアプリ画面がWebブラウザで表示されています。

ちょうど昨日、グループリーグすべての結果がでましたので、それを入力しています(笑)

20100626_AccessServices2

 

よし、ここから妄想だー

優勝はブラジル、準優勝はスペインと、オリジナリティのない予想をしてみました。

日本はパラグアイに買ってベスト8!素晴らしい!

20100626_AccessServices4

 

ちなみに、元のAccessのデータベースファイルを開くと以下のようなメッセージが表示されます。発行先のSharePointサイトと、つながっているんですね。

20100626_AccessServices5

 

ですので、ファイルメニューに行くと、SharePointサイトとの同期メニューがあったりします。

20100626_AccessServices6

 

なんですか、すごい良いじゃないですか、、、

めんどくさいWebセキュリティとかの考慮なんかもShraPointに任せられるし、ポリシーまげてSharePoint山に登ってみようかな。。。(笑)

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

tag : Access SharePointServer

2010-06-26 : テクノロジ : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop

ワールドカップのトーナメント表をAccess2010で見てみる

ワールドカップ楽しいですねー。
久しぶりにベロンのプレーをみて懐かしく感じたり、やっぱりメッシはすごいけど、イグアインの空気っぷりも可愛そうだななどと思ったり、江藤さんか倉内さんか日本に帰化したらとか、どうでもいいことを妄想したり(笑)

それはいいとして。。。

ジョルダンの小山さんに触発されて、本当に久しぶりにAccessを使用してみたわけです。
Accessは1.1のころからかなり使い込んでいて、結構愛着はあったのですがなんとなく疎遠になっていました。

初めに調べたのが、セキュリティのSystem.mdw回りだったのですが、さっぱりわかりません(笑)
なんかVBAでやる臭いのですが、課題としてとっておいています。(面倒になったわけです・・・)

調べている最中に、こんな記事を発見しました。(ここでワールドカップにつながります)

FIFA Tournament Brackets Template

テンプレートがダウンロードできるのですが、技術云々はさておき、ワールドカップ妄想用に非常におすすめです。

起動すると以下の画面が表示されるので、各グループの1位と2位を選択します。(最初から妄想全開です)

20100622_Access1.jpg  

次にトーナメント表が表示されますので、あとは欲望のままに勝つであろうチームをクリックします。
20100622_Access2.jpg

自分の予想はこんな感じで、、、(やっぱりブラジル)
20100622_Access3.jpg

もともとの記事は、これをSharePointServerのAccessサービスに発行すれば、Accessで簡単にWebアプリケーションが作れるよ!という趣旨のような気がしますが、その前に妄想モードになってしまうので、そのあたりはどこかに行ってしまいました。

これは今週ぐらいが旬ですよね。

SharePointへの発行は、週末にでもやってみようかなと思います。
たぶんボタン一撃のはずです。




テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

tag : Access SharePointServer

2010-06-23 : テクノロジ : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

TechEd (US)のセッションをちょっとだけ見てみる

EntityFrameworkには興味があるので、USのTechEdのセッションを軽くみてみました。
(と言ってもPPTだけです)

ここから視聴できます。

Deep Dive into Microsoft ADO.NET Entity Framework
http://www.msteched.com/2010/NorthAmerica/DEV305

DeepDiveなのにLevel300と言うのもよくわかりませんが。。。
そんなにDeepでもないような気がするのは、自分だけでしょうか?
(パフォーマンスの処はちょっと気になりました。)

日本のセッションに期待しましょう。
Level400Overの超尖がったセッションを!(笑)
だれが話すのかな~井上さんかな?


テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

tag : EntityFramework

2010-06-16 : テクノロジ : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

Testability and Entity Framework 4.0

このホワイトペーパーは面白いです。

Testability and Entity Framework 4.0
POCOエンティティとMVCでのTestableコードの話ですね。
環境が死んでいるので、全く試せないわけですが。。。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/ff714955%28en-us%29.aspx

早く日本語に翻訳されないかな。


テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

tag : MVC EntityFramework

2010-06-09 : EntityFramework : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

MVC + EntityFrameworkの勉強用

MS時代にちょっとだけ関わったコンテンツが完成したようです。

サンプルで学ぶ ASP.NET MVC アプリケーション開発
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/data/ff723829.aspx

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/data/ff723829.aspx

自宅の環境がすごぶる悪いので(こればかりです・・・)
週末再構築&確認できればいいんですけど。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

tag : MVC EntityFramework

2010-06-09 : MVC : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2010年06月 | 07月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


カテゴリ

openclose

タグクラウドとサーチ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

こだかたろう

元MSの小高と申します。
(↓こんな人です。)
こんな見た目です

ずっとエバンジェリストをしていましたが、この度転身いたしました。
よろしくどうぞ。

Select Template

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。