まだ生きているようです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Dr.こだかの"俺用"プレゼン メソッド~その1~

■目次
その1 ~ 構成を考えるには、細かいところから ~
その2 ~ キーとなるメッセージを見つけてみる ~
その3 ~ スライドを作成するときのポイントを考えてみる ~
その4 ~ デモとデモラーを系統分類してみる ~
その5 ~ タイムマネジメントを考えてみる ~
その6 ~ 話し方を考えてみる ~

■初めに
MSに引っ張ってくれた恩人、MS高添さんの以下の記事にインスパイアされたので、このテーマで書いてみようかと考えた訳です。 

Dr.高添の”誰でも”プレゼン 8 TIPS ~その1~
http://blogs.technet.com/osamut/archive/2010/01/24/3307930.aspx 

あくまでも、こだかの方法で、しかも自分向けのメモなので、参考程度ということで捉えてくださいね、
それと、その方法は間違っています、正しくはこうですとかの突っ込みも、「あ~あ~聞こえない~」となります。(笑)
断っておきますが、断定的に書いているのはすべて自分(こだか)の事です。

 

■偏っているのは重々承知ですが・・・
通常プレゼン手法の解説では、初めに行うのは「目的を明確に」(=ゴール設定)なんでしょうが、自分の場合はまったく違います。
大体、ゴール設定なんて、(自分には)初めからできるわけがありません。
もし、この、初めの時点でゴール設定したら、「○○テクノロジーを紹介する」とか「○○のOKをもらう」とか、当たり前のことに収束するに決まっています。
そんなゴールの設定は意味がなく、わざわざ名言する必要もない大前提なわけです。

 

そもそも自分は、もっと抽象度を下げたところでしかモチベーションが湧きません。
それで大学時代に専攻していた数学も体に合わなかったぐらいですからね。

 

この辺が偏っているんですけど、目的⇒手段⇒実行という当たり前のスタックが、プレゼン準備には当てはまらないのが自分です。


まったく逆、実行⇒手段⇒目的と上位ををねん出していくイメージです。

じゃあ実際どうしているか?ポイントを書いていきましょう。

 

■とにかく、素材を集める
プレゼンを行う場合、最低でもぼんやりと「お題目」は決まっているはずです。
(MSエバの場合は、その辺もあいまいなことがよくあります。「○月○日にイベントに.NETのサーバーまわりを話してよ」とか。サーバーまわりって言われても・・・笑)

そのお題目に沿った情報を集めます。自分の頭の中、資料、誰かのPC、インターネットなど、素材や材料が散らばっています。
粒度や種類はマチマチですが、とにかく集約しなければ、自分が知らなければ話もできません。

 

この過程で、「この話おもしろいね」とか「このデモいいじゃん」とか、逆に「意味わかんね」みたいな情報を集めることができるはずです。

 

■妄想プレゼンの作成
そうして、プレゼンにしてしまいます。
もちろん、本当のプレゼン資料を作るわけではなくて、これ話したい、このデモやりたいといった具合に、手元にある情報から、頭の中で、あるいはメモ用紙にでも、できそうな話を整理していきます。

 

そうすると、目的も、対象も、流れも、何もかもが出鱈目なプレゼンもどきの断片が頭の中にできるはずです。
当然グチャグチャでしょう。でも、それがいい。これで10年戦えるわけです。
これを「妄想プレゼン」と個人的には呼んでいます。

 

シャワーを浴びているとき、自転車に乗っているとき、運転しているとき、プレゼンもどきを口にしたことはありませんか?
そうです、それが妄想プレゼンです。

 

■インテグレーション(笑)
素材、妄想プレゼンと、材料を集めていくと、それを本番プレゼンに採用したくなるはずです。
それを欲望のままに、結合していきます。

 

この場合の結合とは、スライドの作成・更新、デモ作成、話す内容の決定などになります。
結合すると、前後のつながりや、おかしな点があるはずなので、つどつど修正を入れて、全体としておかしくないかの(自分なりの)テスト(=確認)を行います。

 

と言っても、何が全体としておかしくないか?の判断なんて出来ないはずです。だって、目的が決まってないわけですからね。
したがって、自分は、あくまでも好き嫌いや自分なりの感性で取捨選択しています。

 

そして、再び素材集めや妄想プレゼンに立ち返ります。

 

ここまでの、ポイントを図にすると以下のようになります。

ポイント

尚、このサイクルは結構短いイテレーションで行います。これは、そう決めているわけではなく、結果として、そうなっているだけです。(締め切りに追われているとも言う)

「そう、自分のプレゼンメソッドは、アジャイルだったんだよ!」(笑)

 

しかも継続的インテグレーション。

今、気が付きました・・・

(実際はきれいなサークルではなく、矢印は色々な方向に出入りしていますけどね。)

 

もちろん、ここで終わりではありません。(まだゴールも対象も、なんにも決まっていません。)

その大切なポイントは次回以降!

スポンサーサイト

テーマ : なんとなく書きたいこと。。
ジャンル : 日記

tag : 自分メモ プレゼンテーション

2010-05-15 : 自分メモ : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ

openclose

タグクラウドとサーチ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

こだかたろう

元MSの小高と申します。
(↓こんな人です。)
こんな見た目です

ずっとエバンジェリストをしていましたが、この度転身いたしました。
よろしくどうぞ。

Select Template

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。